赤ん坊のハミガキは苦しみ!

お口を開けると歯茎だけだった赤ん坊も平均して半年ごろから歯が生え始めます。
ほとんどの子供は下の前歯から生え動き出し、次は上の前歯、そして奥歯へと一層生えていきます。
そうすると気になるのがハミガキです。いつから始めたらいいのか、どのようにハミガキしたよいのか、おかあさん方も心をなやませる点だ。
赤ん坊はともかく、口の周り、無論口の中に何かを突っ込まれることを本能的に嫌がります(おとなもそうですよね)。ですので、最初にするなのは口の中に歯ブラシを組み合せるのに慣れさせることです。
とはいえ、まさにやってみると子どもとは思えないレジスタンスを通じて来る。
かく言う我が家の長男も変動2カタチずつが生えそろえた時に、子ども様態歯ブラシを買ってきて磨こうといったしましたが
それはそれはすさまじいレジスタンスをしました。
自分が磨く真似をして「こうやるんだよ」って見せてみても、見ている時は楽しいのか笑っていますが、本当に自分の口に歯ブラシを入れられみたいになるって首をブンブン、お口は真一文字で取りつく島がありませんでした。
なので、こちらからハミガキをするのではなく、自分で歯ブラシを持たせてそれを加えて遊ぶ申込「なんちゃってハミガキ」から始めました。そうすると丁度歯固めのように歯ブラシをガシガシ噛んでハミガキという感じになりました。ですが、それ以上のトレーニングはなく、歯ブラシがただのおもちゃになってしまいした。
歯科純化士くんのお話を聞く機会があり、相談してみたところ、ハミガキはボディーや毛筋を洗う感じで子どもが嫌がっても敢然と始める!との回答が。
その日からマイホームでは寝る前の子どもとのハミガキの取り組みが始まりました。最初は果たしてボディーをよじってのレジスタンスがありましたが、現在は「歯を磨くよ」というとしぶしぶですが磨かせてくれるようになりました。
その歯科純化士くんから教示されたコツは、
・子どもの心をおかあさんの股にいれて、おかあさんの太ももを子どもの肩の上にのせ心を請け合い
→心を確定する結果余計な点を磨かないので子どもも痛くない
・口を開かせるときは唇の斜め前述から仕方を入れる
→上唇の中間には歯茎に変わる筋があるので中を引っ張るという子どもが痛がる
・最初は3秒ほどから、次第に長くしていく
→小さな達成を合わせるという子どももわかってくる
この3つです。
赤ん坊のハミガキに耐える顧客、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。頭皮臭い