歯石の貯まりすぎを経験してから丁寧なハミガキが慣行づきました

自分は現時点44ジェネレーションの紳士なんですが、昨年まで歯磨きは怠惰でした。
基本的に歯を磨くのは午前だけで、随分口の真中が思い悪くなったり臭気のするものを食べない以上はその一斉キリでした。
しかも誰も会わないOffまで、歯磨きを一度もしないこともありました。

これぐらい歯磨きしてないと虫歯だらけになってるんじゃって普通は思いますよね。
でも自分は虫歯が出来辛い習わしなのか、一度も虫歯にあったことがないんです。自分でも異常だと思います。
しかしそんなズボラな自分にも歯に中ぶらりんを感じる際がやってきました。
虫歯ではなく、下前歯の反対がザラザラ考えるんです。舌で触るとザラザラが当たりすぎて舌先に軽い痛みを感じるほどの手強いザラツキでした。
最初は僅か強めに下前歯の裏を磨いたら癒えるだろうって思ったんですがなんにも治りません。
ネットで調べたらこれは歯石の止まりすぎが原因で、歯医者で歯石引き受けをしてもらうか歯石引き受けタイミングを買って自分で除去するかしか除く方法がないってことでした。
自分でする場合は歯を傷つける場合もあるから歯医者で限る眩しいので歯医者をめぐって歯石引き受けとしてもらいました。
40層割り当て溜まった歯石でしたが、歯石後始末は痛みを感じることなく二回に分けて終わりました。
保険の関係から一日ではなく二お天道様に分けたほうが高いって行ないらしいんですね。

この時から下前歯の反対が素晴らしく気になるようになり、何もなくても舌で前歯裏を触ってしまうん俗習がつきました。
多少なりともザラついてるフィーリングがあるといった歯磨きするようになりましたし、今では午前といった就寝前の二回一際歯磨きするようになりました。
残り、歯石っていうのは唾液真中のカルシウムといった歯垢がくっついて歯石ものの手強いものになるらしいんです。
こうして下前歯の裏に唾液分泌する所があるので、今回のように下前歯に歯石って行えやすいんです。
それで自分は歯磨きをする際、下前歯の歯磨きは他の歯の三双方はするようにし歯石がつかない歯磨きとしてます。クリアハーブミスト男性も使える?