キッズの仕上げ歯みがきに苦労している

2時代の児童が今イヤイヤ期なのか、以前はラクラクさせてくれていた仕上げハミガキを、薄々させてくれなくなってしまいました。

自分では目指すようで、食後は進んで便所に行きます。
そして踏み台に乗って鏡を見ながら、水の入ったコップを片手に歯ブラシをクチュクチュしています。
その念願は尊重したいですし、装いはとても上手で良いのですが、磨くというよりは、歯磨き粉をただ吸って増えるだけで、まったく磨けていません。

気が済むまでさせた帰り、私の膝の上に寝るチック誘うのですが、これがうまくいきません。
しっかり寝かせるって、歯を食いしばってにこにこし、磨かせようといったしません。
微笑みながら部屋季節を逃げ回り、完全に遊びになってしまっています。
最終的に、踏み台の上に立ったまま海老反りになった子供を、自分が膝といった左腕で支えながら仕上げ磨きをする、というのが最近の流れになっています。

ハミガキに1周期周囲要ることも頻繁にあり、夜は私も疲れて来ているので、やむを得ず辛いものがありました。

それが少し改善する案件がありました。

いま、フッ素塗布につき、何とか歯医者に行ったのです。
動く椅子を怖がりながらも、大丈夫フッ素を塗ってもらい、甘かったのか児童は上機嫌でした。
それで虫歯のフォトをみせてもらったのですが、それが児童には衝撃だったようです。
うさんくさい虫歯で、歯が黒くなり罠が空き、ボロボロになっているフォトでした。

これまで正規などで虫歯の厄介はして来ましたが、虫歯は虫歯バクテリア人間の挿絵しか見たことがなかったので、フォトの実相さにショックを受けたチックでした。

そうしたら覿面に虫歯を震え上がるようになり、仕上げハミガキの闘争は続きながらも、時間は常に掛からなくなりました。

歯医者に、仕上げハミガキは10時代品質までは続けた方が良いと言われ、私も気抜けでしたが、児童のために頑張って続けたいと思います。ジュースが虫歯予防に効果あり?プラチナベリーはこちら